名犬ラッシー

懐かしの海外ドラマにおいてリンチンチンと並ぶ名犬といえばラッシー。西部劇の『名犬リンチンチン』に対して、ホームドラマの『名犬ラッシー』は繰り返しリメイクされているので現在ではリンチンチンよりラッシーの方が有名ですね。 ラッシーが初めて登場したのは、エリック・ナイトの短編小説を映画化したロディ・マクドウォール主演(子役時代のエリザベス・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

皇太子ご成婚

1959年の最大イベントといえば、4月10日の皇太子ご成婚。それに合わせるかのように2月にNET(現:テレビ朝日)、3月にフジテレビが開局。地方都市でも民放が次々に開局しました。 皇太子の婚約が発表されたのは前年の11月27日。相手は民間の正田美智子さん。愛らしく清楚な姿は女性の憧れの的となり、ミッチーブームが起きます。皇太子とテニス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私は貝になりたい

1958年10月31日の22:00~23:40、KRT(現:TBS)で、のちに“テレビドラマの金字塔”とまで評される『私は貝になりたい』が放送されました。平凡なひとりの理髪師が太平洋戦争中に上官の命令で捕虜を殺したことから、C級戦犯として処刑された庶民の悲劇を通して戦争の犯罪性を鋭く告発。第13回芸術祭大賞を受賞しました。 四国の地方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

事件記者

テレビ創生期に、後の事件捜査もの原点となったドラマが三つあります。『日真名氏とびだす』『ダイヤル110番』、それにこの『事件記者』です。『事件記者』は、NHKで1958年4月3日から66年3月29日まで399回(279話)放送。警視庁の記者クラブに駐在する社会部記者の活躍を描いた集団ドラマです。 登場人物は、東京日報の相沢キャップ(永…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バス通り裏

1958年4月7日に始まった『バス通り裏』は、NHKテレビ初の帯ドラマとして63年3月30日まで5年間、1395回にわたって放送された人気番組。月曜日から金曜日までの毎夕、7時のニュースが終わると、♪~小さな庭をまん中に~のテーマソングが流れます。 下町商店街のバス通り裏に住む高校教師の赤沢一家と美容院をしている川田一家が舞台。赤沢一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月光仮面

1958年2月にNHK熊本放送局が開局し、日本縦断テレビ網が完成します。5月にはテレビ受信契約数が100万件を突破。テレビ受信機の価格も当初の半値以下(ブラウン管1インチ当たり1万円が5千円以下)になりました。民放の地方局も増えてきて、広島ではまだ開局はしていませんでしたが、松山では12月に南海放送が開局をして、海岸べりの県営アパートに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイヤル110番

『ダイヤル110番』は、1957年9月3日~64年9月6日に日本テレビ系列で放送された本格的な捜査ドラマ。アメリカのテレビ映画『ドラグネット』に影響を受けて企画されました。日本における捜査ドラマの草分け的存在です。 「この物語はフィクションであり、登場する人物、団体などの名称は架空のものです」と断るのがドラマでは当り前なのに、「この番…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

アイ・ラブ・ルーシー

1957年3月、都内で30の映画館が経営不振のため閉鎖しました。前年7月、松竹・新東宝・大映・東映・東宝の邦画5社がテレビ局への作品提供を拒否、専属俳優のテレビ出演を制限。58年3月には日活も加わり、映画界はテレビの普及に対して、映画産業防衛に走ります。このためテレビ局は外国テレビ映画を購入。57年は海外ドラマがブームとなる先駆けになっ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

危険信号

『危険信号』は、1956年11月10日から64年4月5日まで、NHKで放送された視聴者参加型ゲーム番組です。 スタジオの真ん中に鉄道ジオラマがあって、楕円形のレールの上を先端に針をつけた列車が走ります。スタート地点には大きな風船。出場者は二人一組で参加し、一人が風船の前に坐り、一人は列車が一周する間に出された課題に取り組みます。課題は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チロリン村とくるみの木

テレビで最初に子供番組として定着したのが人形劇でした。『チロリン村とくるみの木』は1956年4月14日から64年4月3日まで放送された人気人形劇。62年3月30日までは週1回の放送でしたが、4月2日からは月~金の帯番組に変更。 野菜たちと果物たちが暮らすチロリン村を舞台に、些細なことから発生したトラブルや、村をゆるがす大事件を、ピーナ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

お笑い三人組

『お笑い三人組』は、1956年11月20日から66年3月29日まで放送されたNHKの人気コメディです。モノマネの江戸屋猫八、講談の一龍齋貞鳳、落語家の三遊亭小金馬(現:金馬)の3人が主演。当時若手芸人だった3人が最初にトリオを組んだのは、54年の日本テレビ『お昼の演芸』の出し物「青春カレンダー」でした。3人は私生活でも仲が良く、その3人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイウェイ・パトロール

1956年、海外ドラマが放送開始。4月に『カウボーイGメン』(KRT=現:TBS)、5月に『空想科学劇場』(NHK)・『口笛を吹く男』(NHK)・『ハイウェイ・パトロール』(NHK)、6月に『ロビン・フッドの冒険』(日テレ)、9月に『ジャングル・ジム』(日テレ)、10月に『地方検事』(KRT)、11月に『スーパーマン』(KRT)・『シス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の秘密

『私の秘密』は、1955年4月11日から67年3月27日まで続いた、『ジェスチャー』と並ぶNHKの人気クイズ番組です。アメリカの人気クイズ番組『My Secret』が原型。一般視聴者が出演し、その人が持つ経験、特技、趣味、自慢など珍しい秘密を、4人の著名な解答者が出演者に質問して4分間の間に推理して解答します。渡辺紳一郎・藤原あき(62…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日真名氏飛び出す

1955年4月1日、日本テレビに続く第2の民放テレビ・ラジオ東京テレビジョン(略称・KRT、現:TBS)が開局。スポーツ中継の日テレに対してKRTはドラマに力を入れます。『日真名氏飛び出す』は4月9日に始まり、62年7月10日まで続いた人気ドラマ。銀座でフォトニュース社を経営する日真名真介(久松保夫)が、仕事で撮影に行くと必ず事件に遭遇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プロレス中継

テレビ放送が始まった1953年、テレビ受像機が高額なこともあって、普及率は鈍いものでした。そこで日本テレビの正力松太郎社長は、「テレビによる宣伝価値は、家庭の受像機の数でなく、テレビを見ている人の数である」と、街頭テレビの設置を指示。国電(JR)新橋駅前広場・渋谷駅ハチ公前など、関東一円の人の集まる場所55ヵ所に、220台の街頭テレビ(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅白歌合戦

テレビ放送が始まった1953年、年末の風物詩というべき番組が登場します。『紅白歌合戦』です。すでにラジオで放送されていたので、テレビ放送は第4回になります。1951年の第1回は年末でなく、1月3日に特別番組としてスタジオからラジオ放送されたものでした。その年かぎりの企画でしたが、大好評で翌年、さらに翌々年と継続。観覧希望も多く、テレビ放…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジェスチャー

日本で初めてテレビ放送が開始されたのは1953年2月1日。午後2時のNHK会長の挨拶に始まり、最初の番組は歌舞伎の『道行初音旅』で、全部の番組が終了したのが8時45分でした。放送開始時に受信契約を済ませていたのは東京で664、視聴可能地域全体でも866。大学新卒の初任給が8千円程度で、それに対しテレビ受像機はアメリカ製の17インチが25…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海底人8823(はやぶさ)

『海底人8823(はやぶさ)』は、1960年1月3日から6月28日にフジテレビ系列で放送された、大映テレビ室製作の特撮ヒーロードラマです。同世代の間で、何かと話題になる作品ですが、私はリアルタイムで観ておらず、後年CATVで観賞。 8823がただ突っ立っているだけのタイトルに始まり、何度も聴いたことがある主題歌が流れます。海底人とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーマン

何度も映画化され、現在でも絶大な人気を誇る“スーパーマン”ですが、元祖といえるのがジョージ・リーブス主演のテレビドラマ『スーパーマン』です。 1953年から5シーズンにわたってABCネットワークで放送され、全米にブームを巻き起こしました。日本では、KRテレビ(現:TBS)系列で1956年11月3日から放送開始。オープニング・ナレーショ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパージャイアンツ

『スーパージャイアンツ』は、日本に初めて登場した特撮ヒーローもので、1957年の『鋼鉄の巨人』から1959年の『毒蛾王国』まで全9作あります。映画会社は新東宝、主演は宇津井健、監督は第1作から第6作までを石井輝男、第7作を三輪彰、第8作と第9作を赤坂長義が監督。1956年に海外ドラマ『スーパーマン』がテレビで放映され、空を飛び、鋼鉄をも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more