三匹の侍

ss01.jpg
代官の圧政に苦しむ上坂村の農民が、代官の手代を人質にとって年貢米の交渉をしようとしている時に、鉄扇片手に現れたのが芝左近。農民の味方となり、手代を取り返しにきた代官一味を追い払います。代官は、居候の浪人・桔梗鋭之助と、牢内につながれていた無頼浪人に人質奪還を指図。無頼浪人の中に、岡山弁まるだしの芋侍・桜京十郎がいます。左近は、あっという間に3人の無頼浪人を斬り捨て、桔梗、桜と対立。「わしゃ、やめた」と百姓出身の桜が農民側につき、「俺もだ」と桔梗も寝返り、三匹の侍の結成です。代官側は大目付の剣客が中心となって鎮圧に乗り出しますが、農民の訴えを認めた上使が到着して一件落着。ラストは剣客と芝左近の決闘。一瞬で勝負が決まり、立ち去る左近の後を、桜と桔梗がついていきます。『三匹の侍』の第1回「剣豪無宿」です。
ss02.jpg

“バサッ、ビュン、カキーン、ズボッ”と、人を斬る音、刀の刃風、刀と刀が打ち当る刃音、槍の突き刺す音が初めてテレビに出現。効果音だけでなく、狭いスタジオでの立ち回りをカバーするために生み出されたのが写真斬り。等身大に引き伸ばした写真を刀で斬って、これを撮影します。ほんの一瞬のことなので、テレビの小さな画面では区別がつかず、本当に斬られたように見えるんですな。後にはさらに手がこんできて、血が吹き出るように裏側に仕掛けをしておいて、「えい!」と斬ったら血がピュー。映画界において、『用心棒』『椿三十郎』で東映時代劇に見られるような様式主義の殺陣を打破した黒沢明と同じように、テレビ界においてリアルで迫真力のある立ち回りを樹立したのが五社英雄でした。五社の演出は評判を呼び、松竹で映画化した『三匹の侍』を監督。続いて松竹で『獣の剣』を、そして東映で『丹下左膳・飛燕居合斬り』『牙狼之介』『牙狼之介・地獄斬り』を監督し、フジテレビに在籍したまま、押しも押されもせぬ時代劇映画監督として名を馳せます。
ss03.jpg

三匹の侍は、第1シーズンは芝左近、桔梗鋭之助、桜京十郎の三人。第2シーズンから芝左近に代わって橘一之進になります。
椿三十郎のような豪快な殺陣を見せる芝左近には丹波哲郎。丹波哲郎は新東宝からテレビに進出。新東宝時代は悪役ばかりでしたが、1958年に日本テレビの『丹下左膳』の主役に起用され、豪快な立ち回りを見せました。それを見ていた五社英雄が61~62年の『宮本武蔵』の主役に起用。30分ドラマなら丹波ひとりでも持つのですが、60分ドラマということで三匹となりました。五社英雄の演出は、「五社ヒデーヨ」と呼ばれるくらいハードスケジュールで、心身ともに疲労困憊して丹波哲郎は第1シーズンで降板。
着流しスタイルの、ニヒルで女好きの桔梗鋭之助には平幹二朗。TBSで61~62年に放送された『大菩薩峠』で、机竜之助役でニヒルな剣士ぶりを見せていました。『三匹の侍』では、鞘で相手の刀を払って斬ったり、逆手斬りで相手を倒すところはカッコ良かったですよ。第2シーズンからは、芝左近に代わってリーダー的存在になります。
ss04.jpg

流行語にまでなった「おえりゃーせんのう」が口癖の桜京十郎には長門勇。NHKの『不思議な少年』で、トンマなギャング役で出演していたので顔だけは知っていましたが、『三匹の侍』を観るまでは私だけでなく、殆どの人にとっては名前の知らない無名のコメディアンでした。浅草のドタバタ喜劇で鍛えられた運動神経は殺陣に活かされており、短槍を手首の返しでクルクル回したり、頭上でブンブン回転させたり、離れた敵に投げつけ、近くの敵を居合で斬り倒すところは絵になります。長門勇はこのドラマで人気を得て、飄逸な剣豪というイメージが定着しました。
ss05.jpg
第2シーズンは、五社英雄から藤井謙一に演出が代わり、丹波哲郎に代わって加藤剛の橘一之進が登場。生真面目で一徹な剣豪キャラは加藤剛にピッタシ。橘という青年浪人を通じて、反戦運動や学生運動に励む当時の若者を思わせるアプローチをしており、争いや挫折の中で主人公の一人が成長していく姿を描いていました。
『三匹の侍』は、フジテレビ系列で1963年10月から放送され、途中で中断があったものの、69年3月まで放送。音響効果による殺陣ばかりが喧伝されていますが、諸国を放浪して弱い者を助けるアウトロー的な主人公設定も画期的でした。弱者イコール善人でなく、助けようとする相手以上に敵が悪辣なんですな。時として助けた相手から裏切られることもあり、敵にまわることだってありました。それまでの善対悪という単純な構造から、行動の正当性という新しい基軸を生み出します。それは、『木枯し紋次郎』『子連れ狼』『必殺仕掛人』といった、旧来の約束事を破った新しい時代劇ヒーローに引き継がれていったので~す。
ss06.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント